宮崎県は牛・豚・鶏をはじめとする畜産王国です。

自衛防疫対策

家畜防疫・衛生指導対策事業

家畜伝染病発生時の防疫対応を円滑に実施するため、生産者及び関係者による初動防疫の演習等、地域自衛防疫体制の維持、強化を支援します。
また、家畜の衛生管理及び畜産物の安全性の向上、さらには国際的な競争力の強化等を目指し農場HACCP認証取得に取り組む畜産農家への技術指導の支援と、取組の広域的な普及を図ります。
【中央畜産会HP】中央畜産会 農場HACCP制度について

 

全国のモデルとなる家畜防疫対策事業

口蹄疫をはじめとする家畜伝染病の本県への侵入を水際で防止するとともに、地域における防疫強化に向けた取組を支援し、全国のモデルとなる防疫体制を構築します。

 

次世代の畜産を守る家畜防疫対策事業

「県内一斉消毒の日」(毎月20日)」の啓発及び実施状況の確認を行うとともに、飼養衛生管理基準の周知徹底、家畜伝染病予防法に基づく農家・農場情報の収集、報告の取りまとめを行います。

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 宮崎県畜産協会 All Rights Reserved.
Translate »