宮崎県は牛・豚・鶏をはじめとする畜産王国です。

協会概要

公益社団法人 宮崎県畜産協会について

ごあいさつ

皆様方には、当協会の業務の推進につきまして、日頃より多大な御支援と御協力を賜り、心から感謝申し上げます。
我が国の畜産を取り巻く情勢は、担い手の減少や高齢化の進展などの構造的課題をはじめ、TPP11や日欧EPA、日米貿易協定などにみられる国際競争の激化、さらには、頻発する自然災害やCSFなどの家畜伝染病の続発など多くの課題に直面し、依然として不安定な状況が続いています。
加えて、現下の新型コロナウイルス禍は、本県の県民生活をはじめ農業にも大きな影響を及ぼしており、とりわけ、畜産におきましては、インバウンドや外食産業の大幅な需要低下により和牛肉の消費が低迷し、枝肉価格の下落と、それに伴う子牛価格の下落を招くなど、畜産農家の経営悪化が懸念されています。
こうした状況を踏まえ、当協会では、国や県をはじめ、中央畜産会や農畜産業振興機構の受託事業や補助事業を積極的に展開し、①これまで培ってきた畜産コンサルタント機能を最大限に活用した経営指導、②肉用牛の増頭や機械導入支援による生産力の強化、③畜産物の価格安定対策事業の円滑な推進と基金の管理運用、④地域防疫の徹底や農場の衛生レベルの向上による防疫対策の強化など、本県畜産農家の所得向上と経営安定に取り組んでいるところです。
また、新型コロナウイルスの拡大は、これまで積み上げてきた本県畜産の根幹を揺るがす重大な問題となっており、農家の不安解消と経営継続・発展に必要な対策を迅速に進めることが、当協会の果たすべき役割であると考えております。
今後とも、各種事業の着実な推進を図り、畜産の振興と畜産物の安定供給に努めてまいりますので、引き続き、皆様方の御支援と御協力をよろしくお願いいたします。

令和2年8月吉日
公益社団法人宮崎県畜産協会
会 長 坂下 栄次

目的

私たち宮崎県畜産協会は、良質な畜産物の生産及び流通、家畜・畜産物の価格安定及び家畜衛生の向上、畜産経営の安定等に努めますとともに、宮崎県における畜産の振興と消費者の皆さんへの畜産物の安定供給に貢献することを目指します。

設立

平成18年10月1日発足

(社)宮崎県畜産会、(社)宮崎県肉用子牛価格安定基金協会、(社)宮崎県家畜畜産物衛生指導協会、(社)宮崎県養豚協会の4団体が再編統合し、(社)宮崎県畜産協会として新たにスタートしました。

平成24年4月1日 移行

公益社団法人移行に伴い、「公益社団法人 宮崎県畜産協会」へ名称を変更しました。

所在地

〒880-0806 宮崎県宮崎市広島1丁目13番10号 畜産会館4F


【ご注意】協会前道路は一方通行です。

連絡先

 

部署 電話番号 FAX番号
総務課(代表) 0985-41-9300 0985-24-3772
衛生指導部 衛生指導課 0985-41-9301 0985-24-3773
経営支援部 経営支援課 0985-41-9302 , 41-9303 0985-24-3772
価格対策部 1課(牛・豚マルキン) 0985-41-9305 0985-24-3772
価格対策部 2課(子牛補給金) 0985-41-9304 0985-24-3772

 

事務局受託
部署 団体名 電話番号 FAX番号
総務課(代表) (一社)宮崎県畜産会館
宮崎県郡畜連合会議
0985-41-9300 0985-24-3772
衛生指導部
衛生指導課
みやざき養豚生産者協議会
宮崎県指定種豚場協会
宮崎県養蜂組合
0985-41-9301 0985-24-3773
経営支援部
経営支援課
宮崎県畜産振興協議会
宮崎県コントラクター等協議会
宮崎県堆肥センター協議会
0985-41-9302

0985-41-9303

0985-24-3772

 

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 宮崎県畜産協会 All Rights Reserved.
Translate »